特定失踪者問題調査会・1万キロ現地調査(埼玉・群馬)



平成27年7月23日(木)午後4時~24日(金)行動の概要

◎第27回 1万キロ現地調査(埼玉・群馬)



1. 目的

(1) 現地調査により個々の事件及び北朝鮮による拉致・工作活動への認識を深める。
(2) 広報啓発活動を通し今後の工作活動を抑止する。
(3) 現地で特定失踪者家族・政府認定者家族他関係者から北朝鮮向け短波放送「しおかぜ」のメッセージを収録する。


2. 参加者

(1) 調査会:代表 荒木和博・副代表 岡田和典・専務理事 村尾建児・常務理事 杉野正治・同 武藤政春・同 曽田英雄・計6名
(2) 家族会:増元照明 前家族会事務局長
(3) 失踪者家族:種橋昭子さん・横田道人さん・加藤八重子さんのご家族


3. 日程


■ 7月23日(木)
〇 09:00 調査会事務所前 集合完了 (東京都文京区後楽2-3-8 第6松屋 ビル)
           ↓   ブリーフィング
〇 09:15 調査会事務所前 出発
           ↓ 東武東上線『朝霞駅』南口ロータリー前(埼玉県朝霞市本町2丁目13-52)へ移動
〇 10:15 『朝霞駅』南口ロータリー前着
           ↓   種橋昭子さんご家族合流?溝沼地区周辺調査・しおかぜ収録
〇 11:30 朝霞市溝沼地区 出発
           ↓
     (途中昼食を含む)
〇 13:30 今津淳子さん勤務先保育園(深谷市)前着
           ↓   今津淳子さん関連調査
〇 15:00 深谷市発
           ↓  
〇 16:00 群馬銀行安中支店前着・・ここから群馬県の調査に入る。
           ↓  横田道人さんご家族合流・関連調査・しおかぜ収録 
〇 17:30 調査終了 安中市 出発
           ↓   宿泊先へ移動
〇 18:00 高崎泊

■7月24日(金)
〇 08:45 ホテル 出発
           ↓ 
〇 09:15 群馬県警察本部 着
           ↓   狩野浩志県議会拉致議連事務局長と合流
〇 09:30 県警本部訪問(外事課長等面談)
           ↓
〇 10:30 県警本部 出発
       刀水記者倶楽部で記者会見。群馬拉致議連・会長・腰塚 誠議員司会
           ↓ 
〇 10:50 前橋市内の辛光洙が潜伏したパチンコ屋着
           ↓   辛光洙関連調査(下記◎)
〇 11:30 同地出発  
           ↓  
〇 12:00 『ぎんなん公園』(前橋市大友町3-17) 着
           ↓   加藤八重子さんご家族合流・関連調査
〇 12:45 『ぎんなん公園』 出発(途中昼食を含む)
           ↓ 
〇 14:00 NTT東日本群馬支店 着
           ↓   加藤八重子さん関連調査・勤務場所位置関係の考察
〇 15:00 調査終了(予定)




◎辛光洙(シン・グァンス)

静岡県浜名郡新居町出身。日本名は「立山 富蔵」(たてやま とみぞう)。

 太平洋戦争終結後に北朝鮮に移住し、工科大学など卒業、各種技師資格を取得、
日本語、英語、朝鮮語、ロシア語など4ヶ国語を話すという。
 その後、朝鮮労働党の命により工作員になり、日本人拉致に関与した。
 警視庁公安部は2006年2月23日、国外移送目的略取と国外移送の容疑で再度逮捕状を取得、
同3月3日、重ねて辛光洙をICPOを通じて国際指名手配し、北朝鮮に対し所在の確認と
身柄の引き渡しを要求している。
 一度は韓国で逮捕されたが特赦で北朝鮮に帰国、
北朝鮮では、英雄として辛の記念切手が販売されているという。
 前橋市のパチンコ屋などに延約2年間滞在されたとされる。


inserted by FC2 system